1998年ドラマ高視聴率ランキングトップ20

視聴率ランキング

11 お仕事です!

  • 1998年4月16日~7月2日(全12話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:木曜22時
  • 出演者:鶴田真由、松下由樹、国分太一
  • 平均視聴率:17.6%
  • 最高視聴率:19.5%(最終話)

「東京ラブストーリー」で知られる柴門ふみさんの同名漫画が原作のドラマです。建設会社に勤めていた女性3人が会社を辞めて食器の輸入販売会社を起業するというストーリー展開。待ち受ける様々な困難を乗り越えながら夢に向かって突き進む女性たちの姿が描かれています。

12 ニュースの女

  • 1998年1月7日~3月18日(全11話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:水曜21時
  • 出演者:鈴木保奈美、滝沢秀明、藤原紀香
  • 平均視聴率:17.0%
  • 最高視聴率:20.9%(第1話)

ニュース番組のメインキャスターに抜擢された女性が結婚直後に不慮の事故で夫を亡くし、天涯孤独となった夫の前妻の子供と奇妙な同居生活を開始するというストーリー展開。

視聴率的にはイマイチですが、とても面白い作品です。鈴木保奈美さんは綺麗だし、タッキーは美少年だし、脚本も最高です。

13 ハッピー・マニア

  • 1998年7月8日~9月23日(全12話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:水曜22時
  • 出演者:稲森いずみ、藤原紀香、諸星和己
  • 平均視聴率:16.8%
  • 最高視聴率:20.8%(第1話)

安野モヨコによる同名漫画の実写化作品。「彼氏が欲しい」が口癖のダメンズ好きの主人公とそんな暴走気味の主人公に厳しくも愛のあるツッコミを入れる姉御肌の親友の“しあわせ探し”を描いた作品。

原作ファンなのですが、稲森いずみさんと藤原紀香さんの配役はバッチリ。

当時はまだ小学生か中学生だったので何とも思わなかったのですが、20代になってから見返すとグサグサ刺さる名言がたくさんあります。

14 めぐり逢い

  • 1998年4月10日~6月26日(全12話)
  • 放送局:TBS
  • 放送枠:金曜22時
  • 出演者:常盤貴子、福山雅治、大路恵美
  • 平均視聴率:16.6%
  • 最高視聴率:20.7%(第1話)

ニューヨークでダンサーになるという夢を追い続ける女性と恋に不器用な男性のすれ違いだらけの恋を描いた作品。

常盤貴子さんと福山雅治さんというトップスターの共演にも関わらず評価はイマイチ。初回は20.7%と期待値は高かったのですが、段々と視聴率は下がっていき最終回はなんと13.9%。最終回が一番低視聴率という残念な結果に。

“ニューヨークで運命の恋”とかオシャレなテーマを掲げていましたが、肝心の脚本が面白くないんですよね。観ててイライラしちゃう系のヤツです。恋愛ドラマにすれ違いの要素は大事ですが、さすがにすれ違いすぎです。

15 きらきらひかる

  • 1998年1月13日~3月17日(全10話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:火曜21時
  • 出演者:深津絵里、柳葉敏郎、松雪泰子
  • 平均視聴率:16.5%
  • 最高視聴率:19.5%(最終話)

同名漫画の実写化作品ですが、主人公の設定以外はほぼオリジナルです。

気になることはとことん調べないと気が済まない新人監察医の奮闘を描いた作品。脚本は「白い巨塔」などで知られる井上由美子さん。

主演の深津絵里さんは勿論のこと松雪泰子さん、篠原涼子さん、小林聡美さん、鈴木京香さんと脇を固める女優陣の演技が素晴らしい。大好きなドラマです。

16 世界で一番パパが好き

  • 1998年7月8日~9月23日(全12話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:水曜21時
  • 出演者:明石家さんま、広末涼子、萩原聖人
  • 平均視聴率:16.5%
  • 最高視聴率:21.1%(第1話)

離婚した妻が亡くなったことにより13年ぶりに再会した父親と娘のドタバタを描いた作品。

明石家さんまさんと当時人気絶頂だった広末涼子さんの共演で話題になったものの視聴率はイマイチ。

ただ、作品自体は結構面白いです。二人の掛け合いが面白くてテンポも良い作品なので最後まで飽きずに見れます。TUBEの歌う主題歌「きっと どこかで」がドラマにピッタリでした。

17 はみだし刑事情熱系Part3

  • 1998年10月7日~1999年3月24日(全24話)
  • 放送局:テレビ朝日
  • 放送枠:水曜21時
  • 出演者:柴田恭兵、風間トオル、風吹ジュン
  • 平均視聴率:16.2%
  • 最高視聴率:19.4%(第9話)

1996~2004年にかけてシリーズ化された刑事ドラマ。通称「はみデカ」。はぐれ刑事純情派のパクリっぽいタイトルですが、こちらも人気シリーズとなりました。

柴田恭兵さんはやっぱり刑事役が似合うなあ~と感じるドラマです。

18 恋はあせらず

  • 1998年4月15日~7月1日(全12話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:水曜21時
  • 出演者:織田裕二、香取慎吾、鈴木杏樹
  • 平均視聴率:16.0%
  • 最高視聴率:22.4%(最終話)

南の島でインストラクターをしていた男性が島でモテモテだったことから自分はイケてると勘違いして一旗揚げようと上京するが、すぐに詐欺師に騙されて全財産を奪われてしまうというストーリー展開。

織田裕二主演のドラマということで注目を集めるも視聴率は苦戦。初回と最終回で20%超えを記録するものの、中盤は12~14%台をウロウロ。

なんか織田裕二さんのキャラ設定がブレブレでストーリーも中途半端な感じでしたね。残念。

19 じんべえ

  • 1998年10月12日~12月21日(全11話)
  • 放送局:フジテレビ
  • 放送枠:月曜21時
  • 出演者:田村正和、松たか子、草彅剛
  • 平均視聴率:15.9%
  • 最高視聴率:22.6%(第1話)

あだち充さんによる同名漫画の実写化作品。死別した妻の連れ子を娘として大切に想う父親と父親を一人の男性として好きになってしまった娘の微妙な親子関係を描いています。

ホームドラマであり、恋愛ドラマでもあります。

初回は22.6%と高視聴率を記録するものの月9ドラマっぽくない作品だったためか中盤で視聴率が10%以上落ちました。ただ、作品の評価は高いです。

20 P.A.

  • 1998年10月17日~12月12日(全9話)
  • 放送局:日本テレビ
  • 放送枠:土曜21時
  • 出演者:榎本加奈子、萬田久子、岩城滉一
  • 平均視聴率:15.7%
  • 最高視聴率:18.7%(第1話)

赤石路代さんによる同名漫画の実写化作品。大女優の隠し子である女子高生が天才的な演技力を武器にプライベートで女優業(恋人役など)を引き受けるというストーリー展開。

「家なき子2」で衝撃の女優デビューを飾った榎本加奈子さん主演のドラマです。

ただ、原作の主人公のイメージとはかなりかけ離れていました。

スポンサーリンク

1998のドラマ視聴率まとめ

  1. 28.5% GTO
  2. 25.2% 眠れる森
  3. 24.7% 渡る世間は鬼ばかり
  4. 23.5% 神様、もう少しだけ
  5. 21.8% ショムニ
  6. 20.9% 聖者の行進
  7. 19.5% Days
  8. 18.2% はぐれ刑事純情派11
  9. 18.1% WITH LOVE
  10. 17.9% ブラザーズ
  11. 17.6% お仕事です!
  12. 17.0% ニュースの女
  13. 16.8% ハッピー・マニア
  14. 16.6% めぐり逢い
  15. 16.5% きらきらひかる
  16. 16.5% 世界で一番パパが好き
  17. 16.2% はみだし刑事情熱系Part3
  18. 16.0% 恋はあせらず
  19. 15.9% じんべえ
  20. 15.7% P.A.

1998年は全体的に視聴率が低迷していましたね。平均視聴率が20%を超えたのは6作品で、トップ20に15%台の作品もランクインしています。

私が個人的に大好きなのは「神様、もう少しだけ」ですね。深田恭子ちゃんの体当たりの演技がすごく良かったし、何よりお母さん役の田中好子さんの演技が素晴らしかったです。

その他、ランキングトップ20には入らなかったものの話題になった作品は以下の通り。

  • 青の時代
  • Sweet Season
  • 世紀末の詩
  • タブロイド

KinKi Kidsの堂本剛くんが主演を務めた「青の時代」は結構面白かったのですが、視聴率はイマイチでしたね。不良がテーマの作品だからですかね~?

あと、「Sweet Season」は松嶋菜々子さんの連ドラ初主演作でしたが、視聴率は12.5%と惨敗でした。この作品は不倫がテーマということで、ちょっと敬遠されてしまったかもしれませんね。ただ、ドラマ自体は面白いし、何より菜々子さんがとても可愛いです^^

視聴率ランキング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぽんちゃんをフォローする
どらまにあ
タイトルとURLをコピーしました