『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』レビュー・感想・評価

2016年のドラマ

2016年10月期に日本テレビ系の水曜ドラマ枠で放送された石原さとみさん主演の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」。

宮木あや子さんによる小説「校閲ガール」の実写化作品で、石原さとみさんの華やかな衣装も話題になりましたね。

そんな“地味スゴ”のドラマ情報とレビューをお届けします。

管理人が独断と偏見で様々な角度からドラマを評価・採点!!

スポンサーリンク

ドラマ概要

期間:2016年10月5日~12月7日

放送:日本テレビ系水曜ドラマ(22時)

脚本:中谷まゆみ、川﨑いづみ

原作:『校閲ガール』シリーズ/宮木あやこ

主題歌:『Heaven’s Door ~陽のあたる場所~』/栞菜智世

ポイント

日本テレビ系の水曜ドラマ枠で放送されたお仕事系ドラマ。

ファッション雑誌の編集者を目指すオシャレが大好きな主人公がひょんなことから校閲部という地味な部署に配属されてしまったことから物語は始まります。

初めは校閲という仕事に興味が持てなかった主人公ですが、持ち前の明るさと真っ直ぐさで地味な校閲部の人たちを巻き込みながら様々な問題を解決していきます。

出演者

・河野悦子(石原さとみ)

景凡社校閲部員。ファッション誌の編集部に配属希望だったが、ひょんなことから校閲部に配属されてしまう。本作の主人公。

・折原幸人(菅田将暉)

「是永是之(これながこれゆき)」というペンネームの覆面作家。大学生。

・森尾登代子(本田翼)

景凡社のファッション誌「Lassy」編集者。悦子の後輩。

・貝塚八郎(青木崇高)

景凡社文芸編集部の編集者。

・茸原渚音(岸谷五朗)

景凡社校閲部部長。

・藤岩りおん(江口のりこ)

景凡社校閲部員。

・米岡光男(和田正人)

景凡社校閲部員。

・尾田大将(田口浩正)

おでん屋の大将

・今井セシル(足立梨花)

景凡社受付嬢。

・正宗信喜(杉野遥亮)

印刷会社の営業マン。

視聴率

平均視聴率:12.4%

  • 最高視聴率:13.2%(第6・9話)
  • 最低視聴率:11.2%(第2・4話)
  1. 12.9%
  2. 11.2% (↓)
  3. 12.8% (↑)
  4. 11.2% (↓)
  5. 11.6% (↑)
  6. 13.2% (↑)
  7. 12.5% (↓)
  8. 12.7% (↑)
  9. 13.2% (↑)
  10. 12.3% (↓)

感想

日テレの水曜ドラマ枠は女性メインのお仕事系ドラマが多いですが、今回も同じようなタイプの作品でしたね。校閲という仕事に焦点を当てた作品は初めて見たのでとても興味深かったし、ドラマ自体もテンポが良くて飽きずに最後まで見ることが出来ました。

放送途中で「校閲はこんな仕事ではない」という意見がネット上で広まりましたが、ドラマと現実は別モノなのでそこまで気にする必要はないのかな?と思います。

一番の見どころは主人公の河野悦子と“タコ”と呼ばれる編集者・貝塚八郎の掛け合い。石原さとみちゃんも青木崇高さんも演技が上手。悪口を言い合っているのに思わずほっこりしました。

そして、今大ブレイク中の菅田将暉くん。“すっごいイケメン”というフレーズにはちょっと首を傾げてしまいましたが、彼の存在感というか雰囲気はすごいな~と思いました。

そしてそして、一番の魅力は校閲部の地味なメンバー。なかなか味のある俳優・女優さんたちが揃っています。特に“藤岩さん”を演じた江口のりこさんはハマり役。主役のコーエツを食っちゃう勢いで好きなキャラクターでした。

ただ、一つだけ残念なこと。本田翼ちゃんの演技が下手でせっかく良いシーンなのにガクッとなってしまいます。周りが演技派揃いなのでちょっと悪目立ちしていましたね。顔はめちゃくちゃ可愛いので後半は目の保養要員として割り切りました。

全体的にはとっても面白いドラマだったな~と思います。どんな地味な仕事でも誰かのためになっている、誰かの役に立っているという全体のコンセプトはとても素晴らしいですね。

評価

脚本

ほぼ1話完結なので見終わったあとにスッキリ。週の真ん中の水曜日にはこれくらいの軽さのドラマが丁度良いですね。また、主人公だけでなく脇を固めるキャラクターも魅力的に描かれています。

ただ、ラストがちょっと微妙でしたね。最後の最後でちょっと主人公のキャラがブレてしまった気がします。

そして、もうちょっと恋愛要素が強くてもよかったかな~と。菅田くん演じる“幸人くん”とのキュンがもうチョイ欲しかったですね。

ネタバレになってしまいますが、ラストも普通に“付き合う”という選択肢で良いのではないかと。もしかして続編があるから?と勘ぐってしまうような曖昧な感じでしたね。

出演者

石原さとみちゃんがとにかく可愛い。その一言に尽きます。

そして、脇を固める個性的な俳優・女優さんたちが素晴らしい。青木崇高さんは本当に演技が上手でびっくりしました。

本田翼ちゃんは残念ながら目の保養要員です。

視聴率

平均視聴率は可もなく不可もなく。ただ、平均視聴率12.4%は成功の部類に入るでしょう。

ラストまで大きく視聴率が下がらないのは固定ファンがいる証拠ですね。

音楽

ドラマの雰囲気にピッタリ合っていたと思います。

総評

総評は★7つです。

全体的には良かったのですが、恋愛要素を入れるならもうちょっとしっかり入れて欲しかったな~と思います。キュンを期待して肩透かしされた感じですね。いっそのこと仕事の話だけでも良かったのかも。

あとは最終回の主人公のキャラブレですね。なんとなく不完全燃焼な感じは否めません。

ただ、石原さとみちゃんがとにかく可愛くてオシャレで、それだけでなんとなく最後まで楽しく観れてしまうドラマです。

2016年のドラマ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ぽんちゃんをフォローする
どらまにあ
タイトルとURLをコピーしました